読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のこと

職場の自分の席の座面部分に、お尻の形がくっきりとついている。
どんだけ重いんだ。
ほかの人の椅子を見ても、自分の椅子のように尻の形がくっきりとついているひとなんて皆無だ。
私の椅子からだけ、悲鳴が聞こえてくる。
血圧が高めなのだけども、こっちのケツ圧も高いとは・・・などと全くおもしろくないことしか思い浮かんでこない。
3Dプリンタで自分の尻を造形して売ったら私も捕まるだろうか。
そもそも誰が買うというのか。
そんなものを、汗水流して働いて稼いだ大切なお金を使って
買ってくれるような人はこの世に存在するはずがないじゃないか。

芥川賞作家の羽田圭介さんが温泉に入りまくるというNHKの最&高な番組をたまたま見られたのだけども、そこで露わになっていた羽田さんのお尻が、すごくぷりぷりとしたよい形のお尻だったので、当分羽田さんの臀部が頭に浮かんでは離れないことだろう。
こんな風に自分のだけではなく、他人の臀部に赤面してきゃーきゃー騒いだりしていた
こんな、(下半身だけに)下らないことばかり考えている、特筆することがない日々でした。
ARABAKIが始まって終わる以外には、何の変哲もない日常を過ごしているのだなと改めて感じる。
前回のエントリでぐちぐちいろんなことを書いてしまったけれど、
灰色な私の人生が、少しでも鮮やかに彩られているのは間違いなくARABAKIのおかげなのである。
この先もずっと行けるといいなぁ・・・としみじみ感じている。
絶対に行く。




日記を書いている最中に、win10のアップグレードが始まってしまって非常に焦った。
つい先週だか先々週だかに、PCからRadikoオールナイトニッポンを聴こうとして、いざ聴取開始しようとしたらwin10の更新が始まってしまって焦ったのに、再び同じことをしてしまった。

なんとなくな内容は残っていたのでこのままあげるし、
特段おもしろいことはひとつも書いていなかったので、消えたままでも問題なかったな…というただの反省文。

胃の中にピロリ菌いるってよ・・・の続編もいずれ書きたいと思う。

兎に角明日早起きなのにいまだ起きていて、こんなくだらない文章をつらつらと書いているのが無駄でしかないので
とっとと寝よう。