読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記というものは
心動かされるものがないと
なかなかかけないものだなと
痛感している。最近。


未来の自分のために日記を書こう!
と思ったものの、なかなか書けない。

その理由として考えられるとすれば
Twitterを(それもアカウントを二つもわけて)
日常で使っているので(※内容に対して差はない)
そのとき感じたこと、思ったことは
その都度Twitter上に吐き出してしまうので
日記にまではいかないかなぁということ。

これに尽きるのかなーと思った。

でも、過去。
Twitterやりつつも
mixiの日記を更新している自分がいたな、と思い出す。

単純に何か記しておきたいという気持ちがなくなった?
というか面倒くさくなった・・・?
というだけかもしれない。
退化・・・?





ラグビー日本代表に感動してたここ最近でした。
にわかのミーハーファンだけど、アメリカ戦のために3時20分に起床。
「しまった!あと三十分は寝れたな・・・」という気持ちになりつつも
わくわくだった。

過去の試合で、観戦してる客がビールを飲んでいて
「私もビール飲みながらラグビー観たい!(ただのアル中)」という
欲が沸き上がってきて止まらなかったので、その日がお休みだったこともあり
自分の欲求をかなえることができました。幸せハッピー!
(※発泡酒です)

代表の皆さんには「お疲れさまでした×百兆」くらいの気持ちしか
感じてません。
帰国して早々にテレビの生放送に出演されていたり。
本当にお疲れさまでした。
これからのご活躍にも勝手に応援させて頂きます!
という気持ち。なんだかんだ言って楽しみ増えたな。

心動かされる、て冒頭に書いたけど
ラグビーの試合には心動きっぱなしでした。
でも、ルールとかいろいろもろもろわからないことばかりなので
何も書けないというあれでした。






ジャパハリネットが再結成されるというニュースを聴いて。
十代終わりか二十代初め(うろ覚え)の頃よく聴いていた(一枚のアルバムを)
バンドだったのでなんだか嬉しかった。

生きているといろいろあるなーと実感。

好きだったバンドが解散したけども、復活した。
こういうことに出くわせるのも、嬉しい出来事だなと思った。

高校生の頃、とあるバンドが好きで
「君は死んだ方がいい」という歌詞の曲とか聴いて
「・・・ずどーん」とかなってたんだけども
「不幸感」「絶望感」に酔ってただけだったんだなぁ、
と今はすごく思うんだけども
でもそのバンドがその数年後に解散して
とても悲しく思っていたんだけども
またその数年後に復活して

そういう機会に出くわせるなんて
人生捨てたもんじゃないなーーーー!

て思えた。
それだけでした。

だいぶ世間一般的にいい大人の年齢になってしまったけれども、
誰よりも楽しい人生を歩みたいなぁ。
そのために、自意識過剰と自尊心の塊をやめたい。ほんとそれ。苦笑